【宿泊予約前にチェック!】ホテル ブルーベリーヒル勝浦が家族連れにオススメの理由を大解剖!【バイキング、部屋の様子など】

 

先日、千葉県勝浦にある「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」に行ってきました。
以前から気になっていたんですが、今回行ってみてなんでもっと早く前から行かなかったのかと後悔したくらいとても感動したリゾートホテルです。

特に親子連れにはとても助かるポイントだらけで親子ともにエンジョイできるところです。
行ってみようか、予約はしたけどどんなホテルだろうか?と思っている方向けにまとめました。
ご参考にどうぞご覧ください。

「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」を徹底解説

リゾート満喫!トンネルをくぐると「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」

やはり千葉方面でのドライブはアクアラインを通るので、とてもテンションが上がります。「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」はアクアラインを降りて木更津から約1時間で到着です。
家房から一気に外房まで向かい、「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」の手前ではちょうど勝浦から太平洋が見えます。そして「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」の敷地に入る前にあるトンネルをくぐると、そこには「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」の敷地のみが存在します。一気にリゾートに来た実感がわきます。

たぬを
このトンネルからリゾートな世界に一気に入ります。

【チェックイン】リゾート感、たっぷりのクラブハウス

まるで、沖縄やハワイのリゾート施設にあるクラブハウスの様な建物にチェックインをする。フロント、レストラン、売店が入っています。
このクラブハウスでチェックインをするだけでもリゾート感たっぷりです。

広大な敷地をクルマで部屋まで移動でテンション爆アゲ!

敷地はたっぷり20万坪あるすごく広い所です。敷地内は車で移動します。車がない場合は、「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」のシャトルバスに乗って移動するか歩いて移動もできます。

今回止まったのはノースサイドです。外観はこのような感じでなんだか外国の高級ホテルのようです。レンガ造りで最高の建物です。(壁の中身は違うかもしれませんが。)

アメリカンな部屋・アメニティ・売店・自販機を解説!

これまでで一番広いホテルの部屋で感動!

この重厚な玄関をいかにもアメリカンな鍵で開けます。そうすると目に飛び込んでくるのはとても大きなリビングです。そしてその先にはベッドが並んでいます。
玄関を開けてすぐにリビングと言うのは、普段の旅館やホテルではなじみがありません。そうです。この作りはアメリカの家と言う感じです。

室内にはリビングの隣にベッドが3つあり、その他にはなんと寝室としてベッドがさらに2つあります。そうです。この部屋にはベッドが5つあります。

貴重品を預ける金庫もあって安心です。

バスルームは、バスタブと洗い場が広くてとてもリラックスして入ることができました。

洗面台は2つ並んでいます。やっぱり広いのはいいですね。

トイレですが、トイレの前には窓があり、男性であれば外の景色を見ながら用を足すことができます。ただし、この部屋の窓の外には雲が座っていましたので、子供には怖いかもしれません。

冷蔵庫は空っぽ!自分の好きな飲み物をいれる!

普段ホテルに行くと部屋会計なジュース、お酒がありますがここは空っぽです。持ち込んだり、自販機で買った飲み物を入れましょう。

アメニティも充実。子ども向けに嬉しいアメニティセット♪

アメニティーはいたって普通ですが、子ども向けには子ども用のタオルとか歯ブラシが入ったセットが用意されていました。その中にはメモ帳も入っていたので飽きてしまう子供にはとても助かるグッズです。

お土産もおやつも揃う嬉しい売店

クラブハウスがある建物にある売店では、「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」オリジナルグッズや千葉県の地元のお土産が売っています。ジュースやミネラルウォーターを売っていますが、特にリゾート地価格ではなく、コンビニ顧客程度の値段でした。

到着してお腹が空いてしまったので、駄菓子や洋菓子を買って夕飯までしのぎました。

わんちゃんと泊まることもできる棟や日帰りでも遊べるドッグランもあります。そのため売店にはわんちゃんグッズコーナーもあります。

お酒の現地調達も可能!親子ともに嬉しいラインナップ

お酒を飲む方には、安心な情報として、敷地内の自動販売機にはお酒が売っています。製氷機もあるので、部屋からアイスペールを持っていって氷ももらえます。それを部屋で飲むのが最高です。

たぬを
アイスペールに氷を入れて部屋でまったりお酒タイムです。

旅行のメインイベント!美味しいバイキングが嬉しい

バイキング(夕食)~勝浦名物やお刺身、お寿司を堪能!~

さて、旅の楽しみといえばなんといってもご飯です。特に夕ご飯は楽しみですね。

今回の「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」では、特に勝浦を意識した料理がとてもおいしかったです。勝浦担々麺、お刺身、あさりのラーメンなどです。

たぬを
スタッフの方が小盛りラーメンを作ってくれます。
  

からあげとたこ焼きは子連れ宿泊の定番メニューですね。

行った時期がハロウィンだったので、ハロウィンらしいスイーツもたくさんありました。

たぬを
ぜんぶが美味しく、何回ループして食べたのか覚えていないくらいです。
スイーツとお刺身という普段では考えられない組み合わせでたくさん食べました。
 

バイキング(朝食)~勝浦に来たらやっぱり朝はアジの開き!~

ご飯の楽しみは、夕ご飯の他にももちろん朝ごはんも楽しみです。「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」では朝ごはんもバイキングでした。
夕ご飯に、引き続き地元の料理を堪能することができました。特にアジの開き、地元の多古米の白米がおいしかったです。

たぬを
前夜に続きよく食べました。まぁ、旅の最中はダイエットのことは一旦おいておきましょう。

広大な敷地を存分に楽しむ!

流れ星も見れた!星がとてもきれいです!

やはり海のそばは空気が澄んでいて空がきれいです。そのため、夕ご飯を済ました後による芝生エリアの上で星空鑑賞を楽しんできました。この写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、満天の星が夜空にあります。息子と一緒に流れ星を見ることもできました。普段の流星よりも近かったのか、とても大きく尾を引いた流星でよかったです。

たぬを
ブレブレ写真ですみません。肉眼で見るとまさにプラネタリウム。とてもきれいでした。

レンタルのテニスコート、卓球、バドミントン

今回はチェックイン時間のだいぶ前に到着しました。部屋に入るまでは無料のテニスとバドミントンを楽しみました。

テニスコートは、なんと独立したような形でコート続きではありません。そのため隣のグループを気にすることなく楽しめます。この日が息子のテニスデビュー記念日となりました。私は中学の部活以来久しぶりのテニスを楽しむことができました。

テニスは、大人向け、子供向けのラケットが用意されていますので、安心して遊べます。

まとめ

この「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」は本当に家族連れにはとてもおすすめです。広大な芝生エリアをただただ歩くだけでもとてもストレス解消になります。

ちょっとリゾートでリラックスしたいなと思うときには言ってみてはいかがでしょうか。

たぬを
最新の空き状況、宿泊金額は以下からご確認を!
【オススメ情報】