【勝浦旅行の定番中の定番】勝浦海中展望塔に行ってきた

たぬをです。勝浦の旅行記記事2弾目です。
前の記事「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」のチェックアウト後に、勝浦旅行の定番中の定番である、勝浦海中展望塔に行ってきました。

【宿泊予約前にチェック!】ホテル ブルーベリーヒル勝浦が家族連れにオススメの理由を大解剖!【バイキング、部屋の様子など】

2022.12.05

私は小学生の頃は海水浴と言えば勝浦でした。その頃にこの勝浦海中展望塔に来たことがあります。正直記憶には無いけど、幼いときの写真にはこの展望塔に続く橋で撮った写真が実家のアルバムにあります。

実に40年ぶりくらいの勝浦海中展望塔にいろいろな思いをもって行ってきました。

「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」でもらった割引引換券

息子がなにげに手にしたこの引換券でチェックアウト後の行き先が決まりました。そのままアクアラインの海ほたるでも寄って帰ろうと思っていたので、良い寄り道になりました。

受付でチケットを買う

受付でチケットを買います。

面白いのは当日の海の状態、透明度によって料金が変わる料金設定です。

当時は透明度が4m以上でした。そのため①の料金に割引券を使って入ってきました。

引用:勝浦海中展望塔サイト

受付を過ぎたらトイレに行っておきましょう

展望塔にはトイレがありません。受付を過ぎたらこのトンネル横のトイレに行っておきましょう。ここまで戻ってくるのは結構な距離と階段があります。

地層がキレイな岸壁を観ながら海の上を歩く

展望塔までは橋が続きます。

展望塔まであと少しです。展望塔が短く見えますが、海中に続いています。

96段の螺旋階段を降りる

結構な段数があります。途中で休むための椅子も設置されています。

座布団に優しさを感じます。

階段の途中にはさかなクンさんのサインもあります。ギョギョギョ。

海底は自然の水族館

海底部分にはいくつか窓があります。ここをのぞくと魚たちと海底の様子が見えます。

この様な魚の群れがいたり、ウツボがいたり、のんびりしたハコフグがいたりと結構楽しめます。水族館の様に飼っているわけではなく、自然の海底なのですごくリアルです。

海上には望遠鏡があったり

クレーンゲームがあったり

運試しのぬいぐるみガチャがあります。ちなみにこのぬいぐるみガチャをやったら得体の知れない民族の絵が描かれたブレスレットが出てきました。。。

帰りは売店前の砂浜でまったりと

受付、売店前には砂浜まで降りられるスポットがあります。ここでしばらく遊んで帰りました。

40年ぶりの勝浦海中展望塔は懐かしさもあり、とても楽しめました。
また勝浦に行ったときは寄ってみたいと思います。

たぬを
当日の営業状況、透明度などは公式サイトでチェックしてからお出かけがおすすめです。

【宿泊予約前にチェック!】ホテル ブルーベリーヒル勝浦が家族連れにオススメの理由を大解剖!【バイキング、部屋の様子など】

2022.12.05
【オススメ情報】