初めて行く方必見!ホテル三日月龍宮亭に泊まる前に読んで欲しいこと【持ち物、プールの様子など】

たぬをです。

「ゆったり、たっぷり、の~んびり~♪」のメロディでお馴染みのホテル三日月に初めて行ってきました。初めて行くので色々と不安でした。真冬のプールってどうなの?バイキングってどんなメニューが出るんだろう?部屋もちゃんとしているかな…と。

事前にネットで調べようと思ってもネガティブなネットクチコミだらけでさらに不安が増しました。
でも、そんな不安も現地に行ってすべて吹き飛びました。
同じ様に初めてホテル三日月に行こうとしているけど、不安な方向けに「こんな感じでしたよ」というレポートをしたいと思います。

ぜひ行くまでの当日まででも結構ですので、ブックマーク、LINEで家族にシェアなどしていただけますと幸いです。

それでは、レポートをご覧ください。

※各情報は記事執筆時点の情報です。最新情報は公式サイト、お問い合わせなどで確認をお願いいたします。

【夕日が最高!富士山も見える】ホテル三日月龍宮亭のアメニティと部屋の設備・景色

2022.02.20

【この記事の目次】

ホテル三日月「龍宮亭」の宿泊レポート

初めての宿泊。予約は電話でやって良かった

公式サイトでも楽天トラベルなどのネット予約サイトでも予約はできますが、今回は電話で予約をしました。理由は細かな点を聞きながら部屋を決めたりしたかったので。例えば部屋食がいいのか、バイキングはどんなメニューなのかなど。電話で対応していただいたスタッフの方が丁寧に説明してくれたのが良かったです。

富士見亭と龍宮亭どちらが良いの?

「富士見亭」は高級ホテルで各部屋に露天風呂付き。「龍宮亭」はファミリー向けなカジュアルな感じです。ざっくりいうと。各棟前の駐車場も前者は高級車が多め、後者はファミリーカーが多めな見た目でした。結論を言うと、プール・スパで遊びたいなら「龍宮亭」で十分です。てか「龍宮亭」がおすすめです。理由はプール・スパがあるスパ棟とつながっているからです。特に寒い秋冬は連絡通路を通ると寒くないです。「富士見亭」だと外を歩いて移動となります。

チェックインのおすすめの時間帯は?

11:00からチェックインができて、15:00から部屋に入れます。11:00前からすでにフロント前に列ができています。なぜこんなに皆さん早くから来るかというと、理由はプール・スパに入れるチケット(カギ)をもらうためです。私たちはチェックインを済ませたら、15:00まで思う存分プール・スパで遊びまくりました。

 3連休なら初日が絶対にオススメ

3連休に行く場合は初日に行くのがお勧めです。理由はチェックアウトが連休の中日の日だとチェックアウトの日に遅い時間までたっぷり遊べるからです。次の日が学校とか仕事だとあまり落ち着きませんよね。

真冬のプールは寒くない。屋外プールも大丈夫!

1月のプール。屋内プールだけで遊ぼうかと思っていました。外を見ると屋外のプールで遊んでいる人もいます。「寒くないの?」と思い近づいて入ってみると屋内プールよりも温かい「お湯」でした。外は寒いと思い込んでいる方が多いのか、外は適度な空き具合で泳ぐことができました。

薬草風呂などの露天風呂もあるので結構温まりました。真冬なのに。

浮き輪のみ持っていく。ボート・ビーチボールはNG

このプールでは浮き輪はOKですが、ボート、シャチやワニの乗るやつ、ビーチボールはNGですので持ち込みにはご注意ください。ボートとかは邪魔になります。(笑)

空気入れの無料レンタルが神サービス

電動の空気入れコンプレッサーが自由に使えます。これはとても嬉しいサービスです。大人用の浮き輪なんて口で膨らますのは結構しんどいので。

タオルは不要!無料の大小タオルが嬉しい

プールがあるスパの入り口で経由して入ります。そこでバスタオルとフェイスタオルを無料で配っています。そうなんです。家からタオルを持っていく必要がないんです。しかもタオルは必要であれば何度でも借りられるのでいつも乾いたきれいなタオルで体を拭くことができます。

水着もレンタルで十分!結局手ぶらで行けるじゃん

タオル以外にも水着やラッシュガードのレンタルもあります。考えてみたら手ぶらで行けるスパ・プールです。いざとなれば売店で水着も売っています。

気になるプールの混雑具合は?

コロナ禍ですがプール自体はところどころ密な感じでした。だからこそ屋外プールがおすすめです。プール内は基本みんなノーマスク。みんながノーマスクな感じなんて何年ぶりかで少し不思議な光景でした。

スパ・お風呂温泉は数え切れないくらいの種類のお風呂で満足

プールで身体が冷めても大丈夫。隣にはいろいろな種類のお風呂があるスパです。名物の黄金風呂もあります。ここで温かい温泉に浸かっていればすぐに身体が温まります。

千葉県産食材で大満足なバイキング!

遊んだあとの楽しみはバイキングです。ネットの書き込みでは某チェーンバイキング店の様な質というものも見られましたがそんなことはありません。地元千葉の地物野菜、魚、あさりなどをふんだんに使ったバイキングを食べることできます。

詳しいメニューは長くなるので、別記事で後日レポートします。

予約は17:30~が吉?理由は部屋から花火を観たいから

さて、このバイキングは予約の時間帯をチェックインの時に選びます。今回選んだのは「17:30~」の時間帯です。理由は19:15に部屋の前で打ち上げ花火があがると聞いたからです。結局、バイキング会場で花火を観ることになりました。 ただ、この時間帯にして良かった点はとても空いていました。

みんなが食べたい時間帯は大混雑間違いなし

ちょうど19:00頃バイキング会場の入口をみたら長蛇の列でした。整理券に書かれた時間帯はその時間に来て、空いた席からの案内になるので、混んでしまうのです。回転寿司だってファミレスだって19:00台は一番混みますもんね。下の写真はバイキング会場の入り口からの行列です。

お酒の飲み放題が嬉しかった!

生ビールも含まれている飲み放題です。ビールサーバーで自分で注ぐタイプです。息子も生ビールを注ぐのは初めて。その遊びに付き合って結構飲みすぎました。

お祭り広場は子ども感激!旅を10倍楽しくさせるオアシス

食後はお祭り広場に直行して、ゲームセンターでUFOキャッチャーをしたりしてたっぷり遊びました。普段はセーブしているお財布の紐が全開に開いてしまうくらい遊びました。ただ、コインゲームは貸し出しがやや高かったです。

射的は人生史上一番楽勝!大きな景品を2つゲット

射的をやってみました。意外と設定が親切(!?)で大きな景品を2つもゲットしてしまいました。父親の威厳を保つことができました。

トリックアートの出来栄えがすごい!

チェックインの時に無料券をもらっていたので、帰る前にやりました。

売店の品の充実がすごい!アクアライン 海ほたるPAに寄らないで済む

売店がとても充実しています。普段海ほたるで買っている木更津産のバラのりもありました。帰りのアクアラインが渋滞していたら海ほたるに寄らずに帰っても大丈夫なようにお土産はここで買うのもおすすめです。

ホテル三日月に行くときの持ち物

前述の様に結構手ぶらで行けるホテルです。基本的には着替えやスマホ充電器、赤ちゃんがいればそのグッズくらいで行けるのではないでしょうか。
部屋着は館内着を着ていれば館内をウロウロ、スパにだって行けます。

その他備忘録メモ

次回また行くときに備えて自分宛てのメモでもあります。もしよかったら参考にしてください。

くじ引きは出来る時にやっておく

チェックインの時にもらうくじ引き券は出来る時にやっておきましょう。今回はお祭り広場でやっていたので、スパに行った時にやってしまいました。部屋からだと遠いので。この入浴剤はくじ引きの景品です。

部屋にはそれほどいるわけではない

プール・スパから部屋に戻って、すぐにバイキング会場へ。そしてそのままお祭り広場で遊んだ様にほとんど部屋で過ごすことはありませんでした。本当に夕方の少しの休憩と寝るだけ。(笑)それだけ館内が充実しているってことです。

自動販売機は各階で違って楽しい

自動販売機は各フロアにあります。さらに各フロアで自動販売機のメーカーが違います。こんな説明書があるくらいです。ハーゲンダッツの自動販売機はスパ棟にあります!

製氷機はないのでスパの売店で買う

ホテルによくある製氷機はホテル三日月にはありません。スパの売店に氷が売っていましたのでそれを買いました。

チェックアウト日の過ごし方

10:00がチェックアウトです。今回は翌日も無料でプール・スパに入れる券をもらったので10:00前にチェックアウトしてスパに移動しました。なんと夜までいても良いとのこと。さすがに夕方には体力が尽きて帰ることになりましたが。

チェックアウト前後はフロントが大変混んでいるので、朝食が終わったら事前精算をした方が良いでしょう。

荷物はクロークに預けちゃおう

チェックアウトしてそのままスパに行く場合はホテルのフロントの横にあるクロークに荷物を預けられます。いちど車に荷物を置いてからスパに行ってもいいけど、車に行くのが時間の無駄になるので預けます。

まとめ:ネットクチコミは信じるな

冒頭にお話したネガティブなクチコミ。そんなのはこれまでのレポートの様に事実ではありませんでした。本当に満足な旅となりました。
息子は過去最高レベルの好きな宿に認定してくれました。
子どもにとってとても楽しい宿ですね。

これからホテル三日月に行く方に参考になれば幸いです。良い旅を!

【夕日が最高!富士山も見える】ホテル三日月龍宮亭のアメニティと部屋の設備・景色

2022.02.20
【オススメ情報】