【キャンプ道具】キャンプにヤカンは必須アイテム・ユニフレーム山ケトルレビュー

たぬをです。

キャンプに「お湯」があるだけで、キャンプ生活がだいぶ変わります。
コーヒー、スープ、カップラーメンやお酒の場合はお湯割りを飲んだりと。

手軽にお湯を沸かしたいと思い、ユニフレームの山ケトル900を買いました。これまでお湯を沸かすのに、鍋とかを使っていましたが、やっぱりヤカンはすごいですね。

今回はそのレビューをしたいと思います。

ユニフレーム・山ケトルレビュー

ユニフレームの山ケトルはすぐにお湯が沸く

アルミ素材です。そうです、熱伝導率がとても高いのです。なので、バーナーにかけるとすぐにお湯が沸きます。焚き火の場合は火力にもよりますが少し時間がかかる。早くお湯を沸かしたいのであればバーナーで使うのがおすすめです。

軽くて持ち運びが楽

重さは186gです。とても軽いです。

焚き火でススがつくと渋くてカッコイイ

たぬを
これは記念すべき買って最初に焚き火にかけたところです。まだススがついていないですが、この後は真っ黒に。

コールマンのバーナーを買うまでは焚き火にかけて使っていました。焚き火にかけるとケトルの周りにススがついて真っ黒になります。でもそれが渋くてカッコイイんです。
焚き火台もそうですが、使い込んでいる感がでるといいんですよね。

まとめ

この山ケトルは買って損がないアイテムです。
ケトルは軽いものにしておくと、バーナーと一緒に気軽に持ち運べるので楽です。

【オススメ情報】
たぬを
ここでひとつオススメ情報のご紹介です。
小学生、中学生のお子様の現在位置が分かるサービスです。

息子にも公園に行く時にGPS端末を持たせています。これだけでだいぶ安心感が違いますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

たぬを

たぬをです。このブログでは主に子育てネタを発信しています。 遊びスポット、お出かけスポット、買って良かったもののレビューなどの紹介をしています。 少しでもご覧頂いている方のお役に立つことができれば幸いです。