【キャンプ道具】無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」がキャンプ道具入れに最適!

たぬをです。

キャンプをすると、道具の持ち運び、収納が課題となってきます。
以前はダンボールに入れて持ち運んでいたのですが、それも何度も繰り返しているとダンボールが柔らかくなってきたりします。雨に濡れたら一発アウトです。(笑)

先日行ったキャンプ場では10グループのうち6,7グループがこのケースを使っているくらい便利なケースでした。それだけ使い勝手の良い、人気な商品です。

無印の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」がキャンプ道具収納に最適

家からそのまま持ち出せる。

私が使っているのは「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」のサイズが大のものです。
外寸 約幅60.5×奥行39×高さ37cm、収納スペースの内寸 約幅49×奥行29×高さ29cmの大きさです。食器、着火剤関連、キッチンペーパーやアルミホイルなどの雑貨などをこのボックスにひとまとめにしています。

本当にちょうど良いサイズで家からそのままクルマに積んでキャンプ場に向かうことができます。

イスにも踏み台にもなる。100kgの耐久性。

体重70kg台のわたしが乗ってもびくともしません。なんとフタは100kgの耐久性があります。キャンプ場では椅子代わり、家では踏み台に使えます。

雨でも大丈夫

ダンボールをキャンプ用品の収納ケースにしていたときは、運の良いことに雨に降らせませんでした。でも湿った地面などに置くと箱が濡れます。でもこの無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」だとそんなことが気になりません。

長さのある道具もへっちゃら

マシュマロを刺して焼く棒など長さがあるものでも、長さ49cmに収まれば余裕で収納できます。

まとめ

これはまずキャンプを始めた初期の頃に買っておいても損はないケースだと思います。
キャンプをしているとあれこれものが増えますが、このケースに収まる分だけ買うという自制が働きますよ。(笑)

たぬを
キャンプは物欲との戦いでもあります。私はこのケースに入る分だけ買おうかと思っています。それ以上欲しくなったら….さらに無印のこのケースを買うでしょう。(笑)
【オススメ情報】
たぬを
理系な子になって欲しい!!!そのような親御さん必見です。

最近は国語算数などの学校の授業だけではなく、ロジカルな考えを育てるSTEAM教育も盛んに行われています。

うちの息子もレゴやマインクラフトなどロジカルなアタマを使う遊びが大好きです。 これからの時代、STEAM教育を取り入れてみてはいかがですか?

資料請求は無料です。

【資料請求】ワンダーボックスお試しキットをプレゼント

ABOUTこの記事をかいた人

たぬを

たぬをです。このブログでは主に子育てネタを発信しています。 遊びスポット、お出かけスポット、買って良かったもののレビューなどの紹介をしています。 少しでもご覧頂いている方のお役に立つことができれば幸いです。