お風呂上がりはハンドタオルで拭いてみては?バスタオルの3つの無駄

たぬをです。
2023年からお風呂上がりはバスタオルではなく、ハンドタオルで体を拭くようにしました。
ラジオで風呂上がりはバスタオルではなく、ハンドタオルにした方のコメントを聴き、メリットだらけであることを知りました。家族でニトリに出かけたときに新しいハンドタオルを買ってもらい、試してみました。

ニトリのハンドタオルはふわふわでホテル気分に

やっぱり新しいタオルはいいですね。ふわふわでホテルのタオル状態です。それほど高くないので、このふわふわ感がなくなってきたら買い替えれても良いくらいです。

【バスタオルの無駄!その1】広くても全部を使い切っていない

ハンドタオルで体を拭くようにしてまず気づいたことは「体を拭き取るのにちょうど良いサイズ」です。バスタオルって広くて拭きやすいですが、拭くのに使っていない部分が多く乾いている部分が多くないですか?ハンドタオルの場合はひと通り湿った感じになるので私の場合ちょうど良い感じです。

【バスタオルの無駄!その2】干す時、しまう時に場所をとる

ハンドタオルに比べて幅、長さが1.5倍程です。なので、干す時もそうですし、しまう時も場所をとりますね。これまでバスタオルを使ってきたのでこのことは当たり前過ぎて改めて気づきました。

【バスタオルの無駄!その3】値段が高い!

ハンドタオルに比べて布の量が多いので、値段が高いです。「3つの無駄」を挙げるために少し無理やりないちゃもんですが、ハンドタオルで十分であれば安いハンドタオルの方がいいですね。

まとめ

一度お手元のハンドタオルでお風呂上がりに試してみてはいかがでしょうか?
もし、ハンドタオルで十分であればぜひ切り替えを。

 

【オススメ情報】