【工作シリーズ】転がしビンゴの作り方

たぬをです。

また今日もひとつ工作のレパートリーが増えました。今回作ったのは「転がしビンゴ」です。「転がしビンゴ」というのは正式名称かどうか分かりませんが、ボールを転がしてビンゴをするゲームです。

ひたち海浜公園のアトラクションからヒントをいただきました。また、アイスのフタを置くと東京ディズニーシーのアブーズバザールのゲーム「コブラの罠」みたいな感じで遊べますよ。

たぬを
転がすだけの遊びですが、結構ドキドキを楽しめる遊びです。

転がしビンゴの作り方

korogashi-bingo_01

用意するもの

  • 長い板 2枚(ダンボールで代用できるかと思います。)
  • 割り箸 3膳分
  • セロテープ
  • ティッシュの箱(レーンの横に置きます。)
  • カラーボール
  • アイスのフタ(無くても大丈夫です。今回の工作ではハーゲンダッツのカップを使っています。)

板に割り箸を貼り付けるだけ

割り箸を手前から4本平行に、それに直角に交わるように3等分した割り箸を2列貼り付けます。

korogashi-bingo_06

実はこれでほぼ完成です。試しにこのマスに向かってボールを転がして上手くマス内で止まればOKです。マスの中にシールを貼ったり、アイスのフタを置いてボールが止まりやすくしたりしてアレンジします。

korogashi-bingo_04

アイスのフタを置くようにしたら同じマスにボールが入ることが少なくなりました。

korogashi-bingo_02

まとめ

親子で競って遊べるおすすめのゲームですよ。交互に投げて先にビンゴを達成した方が勝ちや、持ち玉数を決めて何個ビンゴが作れるかなどルールも複数用意すると子どもも飽きずに遊んでくれます。

それにしても親子で一緒に工作するのは本当に楽しいし、息子が生き生きとして遊んでくれます。その顔を見るのが嬉しいので、次の工作のネタを考え続けられます。

【オススメ情報】
たぬを
理系な子になって欲しい!!!そのような親御さん必見です。

最近は国語算数などの学校の授業だけではなく、ロジカルな考えを育てるSTEAM教育も盛んに行われています。

うちの息子もレゴやマインクラフトなどロジカルなアタマを使う遊びが大好きです。 これからの時代、STEAM教育を取り入れてみてはいかがですか?

資料請求は無料です。

【資料請求】ワンダーボックスお試しキットをプレゼント

ABOUTこの記事をかいた人

たぬを

たぬをです。このブログでは主に子育てネタを発信しています。 遊びスポット、お出かけスポット、買って良かったもののレビューなどの紹介をしています。 少しでもご覧頂いている方のお役に立つことができれば幸いです。