虫・カエルを触れない親にはなりたくない…(笑)

たぬをです。

息子もいろんな生き物に興味を持ってきました。
そうなると、それを教える親にひとつの試練ができますね。

虫、カエルを捕まえてみせてあげることです。

私が小さい時(小学生や中学生)の頃って、何でも触っていました。
セミ、カマキリ、カナブン、クワガタ、カブトムシと…。
カエルやトカゲ(カナヘビ)とかも余裕でした。

でも…。

不思議と大人になると触れなくなっています。
なんででしょうかね?
これを書いていても鳥肌が立ちます…。(笑)

先日、勇気を出して(強がって)カエルを約30年ぶりくらいに触りました。

kaeru
まずは、この子。アメリカ陸軍の迷彩服みたいなアマガエルです。
しっとりとした感触が指に伝わった時にぞくぞくしましたが、息子が初めて見るカエルに興味津々な顔をしているので平静を装っていました。(笑)

調子に乗って、他にもアマガエルを捕まえて遊んでみました。
自分も慣れていかないとダメかと思い。

kaeru2

しばらく遊んでいたら、カエルって目と手がカワイイなと思えるまでなりました。(笑)

いやぁ~、どんどん昔みたいに色んな生き物を触れる様にリハビリ(!?)していかないと…。

来年、3歳になった夏にはきっと色んな虫に興味を持つでしょうから。

【オススメ情報】
たぬを
理系な子になって欲しい!!!そのような親御さん必見です。

最近は国語算数などの学校の授業だけではなく、ロジカルな考えを育てるSTEAM教育も盛んに行われています。

うちの息子もレゴやマインクラフトなどロジカルなアタマを使う遊びが大好きです。 これからの時代、STEAM教育を取り入れてみてはいかがですか?

資料請求は無料です。

【資料請求】ワンダーボックスお試しキットをプレゼント

ABOUTこの記事をかいた人

たぬを

たぬをです。このブログでは主に子育てネタを発信しています。 遊びスポット、お出かけスポット、買って良かったもののレビューなどの紹介をしています。 少しでもご覧頂いている方のお役に立つことができれば幸いです。